底付桝ベース

名称 底付桝ベース
CADデータDL
チラシPDF

概要

従来、外フラット桝には底が無く、現場でインバートコンクリートを打設することで水路敷を形成していました。

底付桝ベースを外フラット桝(PU桝)と併用することでインバートコンクリートの打設が不要となります。

狭い箇所での打設作業や、現場での材料調達が不要となり工期短縮を可能とします。

 

底付桝ベースの特徴

・底付桝ベースの設置、外フラット桝の設置で集水桝が構築可能となります。

・十字の突起がインバートコンクリートの代用となり泥溜高さが確保できます。

・底付桝ベースと外フラット桝の間には止水パッキンが設置できるようになっており、漏水を防止します。

・底付桝ベースの製品幅は対応する外フラット桝の外幅と同様幅となるので、住宅地など掘削範囲が限られる箇所でも施工を可能とします。

適用範囲

・PU側溝と接続する集水桝は接続する水路の敷高により集水桝の泥為高が決まりますので、集水桝の敷高調整が不要となります。よって、本工法はPU桝のみ適用可能となります。

※現場条件によりインバートコンクリートによる高さ調整が必要となる場合がございますので適用にあたっては設計書をご確認下さい。

 

設置方法

・設置面の敷き均しを行ってください(基礎砕石の敷設)

・底付桝ベースを設置します。製品天端に設けられた溝に付属品の止水パッキンを貼付します。

 吊り上げは付属のアイボルトにて行ってください。

 

・外フラット桝を底付桝ベースの上に設置してください。

設置参考歩掛

 

外フラット桝

名称 プレキャスト外フラット桝
問題解決力
CADデータDL
チラシPDF

概要

外フラット桝は側溝との接続箇所に使用する集水桝です。従来は現場で型枠を組む現場打ち集水桝で対応していましたが、本製品を使用することにより、型枠廃材が無くなり、工期短縮にもつながります。 また、バリエーションも豊富で、目的に合わせた桝を選定していただけます。 外フラット桝 外フラット桝

外フラット桝の特長

・二次製品側溝に合わせた製品幅で、側溝とすっきり接続できる桝である

・フラット側面により、側溝の取り付けが簡単

・二次製品化により型枠廃材が無くなり、環境問題に貢献

・二次製品化により現場作業を大幅軽減、工期短縮

 適用範囲

・グレーチングは110度開閉、ボルト固定の2種類の開閉タイプがあります。 ・用途に合わせたグレーチングを選べます。 ・ゴミかご付きで、落ち葉や紙くず等の進入を防ぎます。 ・大型製品には、ステップを取り付けることが出来ます。 ・側面には切り溝があり、カットしやすくなっています。

留意事項

・車両が頻繁に製品上を通行する箇所には使用できません。 ・標準品の桝は、削孔を現場にてお願いしております。 ・削孔の申し込みを頂ければ、弊社にて削孔した製品を納入させていただくことが可能です。 (ただし、製品代とは別途で費用が発生します。) ・各製品には、構造的機能を保持するための削孔限界範囲があります。

施工写真等

AS桝に400×800・500×1000・900×900を追加しました。
製品詳細につきましてはCADダウンロードにてご確認ください。

FR桝

名称 勾配対応型 坂道桝
CADデータDL
チラシPDF

概要

FR(フリーローテーション)桝は横断側溝との接続箇所に使用する集水桝です。従来は水平に桝を施工して勾配変化が生じていましたが、本製品を使用することにより、側溝接続部分での勾配変化が無くなり、側溝のカットや現場打ちが不要となります。

FR桝問題点

FR桝

桝底面をR形状とし、専用の基礎と組み合わせることで、無段階に勾配調整が可能となります。 同様の技術による専用側溝(FR横断側溝)との組み合わせにより、 縦断側溝との取り付け時においても段差が生じません。

適用範囲

・縦断勾配が0~15%までの道路横断部に対応可能です。

・特に効果の高い適用範囲  縦断勾配が5%を超える道路にて、安全性が向上します。

・FR横断側溝の組み合わせ以外でも、縦断勾配の急な箇所への桝のみの設置が可能です

施工写真等

○2017年10月 正方形規格を追加しました。

寸法詳細はカタログにてご確認ください。