基礎

岐阜県本巣市

納入現場 岐阜県本巣市 岐阜関ヶ原線
納入製品 交差点用自在R連続基礎 自在R連続基礎B型

道路拡幅工事に伴う歩道設置工事で継続してB型を埋設で使用(埋設管が1.2m下にあり、防護柵の建込が出来ない為)して頂いている路線です。
今回納入するにあたり、交差点部で延長の短い箇所と直線部で50~60cm下に横断管が通っており、B型が設置が出来ない箇所があるが、現場打するしか方法はないのかと施工業者様から相談を受け、交差点タイプを御提案し、短い延長で設置が可能であることと、施工性の面で採用して頂けました。【本社営業課 竹澤雄介】

愛知県小牧市

納入現場 愛知県小牧市
納入製品 自在R連続基礎 B型 143m

道路拡幅工事に伴う車線規制の為に採用頂いております。
昨年度から継続して同じ業者様に使用していただく中で、流用品と新材が混在している現場になります。現在も工事中ですが、車線切替を工事の進捗状況によって都度行うので、12月にも新材の出荷予定があります。【愛知営業所 横山知史】

愛知県春日井市

納入現場 愛知県春日井市
納入製品 自在R連続基礎 A型83m

国道19号線に設置されていた単独基礎を、安全面を考慮し3箇所全て連続基礎に設置し直しました。バス停付近の路肩部、一般道が合流するR箇所、打ち込みができないアンダーパス上部と、それぞれの用途で使い分け、安全性を高めることができました。【愛知営業所 青山弘】

浜田河川国道事務所様

納入現場 浜田河川国道事務所 益田国道維持出張所
納入製品 自在R連続基礎 交差点タイプ

自在R基礎交差点タイプの実績です。
新設の橋が完成したことに伴い、交差点が設けられることになりました。
そこで、情報BOXがありガードパイプが打ち込めない所へ交差点基礎(7m×3箇所)使用して頂きました。
短延長で、かつ施工し易いと施工業者様も喜んで頂きました。(西日本営業所 箕浦慎司)

愛知県安城市

納入現場 愛知県安城市
納入製品 自在R連続基礎

現道の復旧、拡幅工事に加え、交差する県道小垣江安城線の建設計画において、将来的に右折レーンを設置する期間の暫定供用目的として自在Rをご採用いただきました。また、都市側溝と併設してA型も本設されています。【愛知営業所 青山弘】

長野県

納入現場 長野県
納入製品 RS基礎

防護柵が設置可能なL型擁壁で設計されていましたが、設置予定されていたところにマンホールがありフーチングが干渉し設置出来ず、RS基礎を11m使用して頂きました。【北関東営業所 高木孝和】

岐阜県可児市下恵土

納入現場 岐阜県可児市下恵土
納入製品 自在R連続基礎

可茂土木事務所様より、昨今の事故多発を受け、交差点部の危険箇所について安全対策として設置するとの事で御採用頂きました。
現場交差点は防護柵が設置されておらず、通学される小学生、歩行者の方々がおられ緊急対策としての設置です。信号待ちの方々の安全確保を実現しました。【岐阜営業課 下村大悟】

京都市

納入現場 京都市内
納入製品 交差点用自在R連続基礎

埋設物があり、防護柵設置が出来なかったため、変更にてご採用頂きました。交差点部の歩行者の安全確保です。

【京滋営業所 丸山京助】

愛知県豊田市

納入現場 愛知県豊田市
納入製品 RS基礎 25m

元設計はL型擁壁+ネットフェンスでしたが、製造納期の問題で変更の声をかけて頂き採用に至りました。現場は名鉄土橋駅の北出口のすぐ横になります。【愛知営業所 横山知史】

愛知県蒲郡市地内

納入現場 愛知県蒲郡市地内
納入製品 RS基礎 11m

昨年秋の集中豪雨により、路肩部の一部が崩落し、防護柵の緊急修繕としてRS基礎を採用して頂きました。現場は国道1号線(岡崎市本宿)と蒲郡市内を行き来できる地元の人ぞ知る抜道です。【愛知営業所 青山弘】