狭い道

電柱迂回部の側溝の道路へのはみ出し

問題:電柱箇所

  • 電柱部分では側溝を迂回させる必要があり、飛び出た箇所の劣化が目立ちます。
  • 車道内に入り込んでしまうため、頻繁に車両が通行し、騒音が発生します。
  • 側溝が迂回するため、見た目が良くありません。

課題

側溝を車道に出さずに迂回させられないか?

解決提案

提案製品:電柱迂回暗渠側溝

・側溝の暗渠化で騒音、劣化の解消

電柱迂回部の側溝のみ暗渠化することで、側溝部の劣化、騒音を解消します。
暗渠化することで、車道部への飛び出しも見た目が解消され、すっきりとした道路を構築します。

側溝上を車両が通行した時の騒音、側溝の劣化

問題:住宅街

  • 狭い道では側溝上を車両が頻繁に走行し、側溝(蓋)が劣化します。
  • 側溝上を車両が走行することで、ガタガタと大きな騒音を発生させます。

課題

側溝劣化を解消出来ないか? 騒音を無くせないか?

解決提案

提案製品:PU-3A・PU-3B

・蓋一体型構造で騒音・劣化の解消

側溝と蓋が一体化の暗渠型(PU-3Bは半暗渠)なので、騒音、蓋のズレが解消されます。
※点検・清掃口として、PU-3AとPU-3Bを併用することも可能です。

 

提案製品:ノイズレスゴム蓋(各種側溝に適用出来ます)

 

・低価格、同形状で騒音、劣化の防止

側溝蓋にゴムを装備することで、コンクリート同士のぶつかり時に発生する
音と衝撃を軽減し、騒音、劣化を解消します。

二輪車走行の転倒の危険

問題:路肩部

  • L型側溝部分で勾配が変化するため、2輪車の転倒事故に繋がります。

課題

歩車道境界部において、勾配変化なく効果的に排水が出来ないか?

解決提案

提案製品:歩車ベース付暗渠側溝

問題解決二輪車解決

車道通行の二輪車の安全性確保
道路空間の有効利用

歩車境界ブロックの直下に暗渠側溝を一体型にし、構造物の占有幅を小さく、地中で排水させることを可能にし、道路の勾配変化を解消します。