基礎

自在R連続基礎H型

名称 自在R連続基礎H型
問題解決力 地下埋設物により土中建込が出来ない 仮設防護柵では事故時の安全性を考慮することが困難
導入事例 ガードレール 自在R連続基礎 導入事例へ
CADデータDL
チラシPDF

概要

 自在R連続基礎H型は、自在R連続基礎(NETIS CB-050040-VE ※2016年度まで登録)の、高規格防護柵(S種)に対応する製品です。基礎断面を従来の自在R連続基礎より大きくし、連結部についてはボルト2本で連結することにより、高い荷重に対しても対応できるように規格しております。防護柵はベースプレート式を採用し、従来の自在R連続基礎の持つ施工性と更なる工期の短縮、安全性の向上を目的とした製品です。標準建込設置の出来ない箇所への置き式防護柵基礎としてご利用頂けます。

自在R連続基礎H型の特長

・ボルト2本連結により、高規格防護柵へ対応可能

・防護柵はベースプレート設置を標準としたことで、工期の大幅短縮

・生コンや特殊技能を必要とする作業が一切不要

※H型基礎は置き式使用専用の基礎です。

 

適用範囲

・対象とする防護柵種別により、従来のA型・B型・H型にて選定して下さい。

・H型はSC種~SB種への対応を基本とした規格です。各種別に対して、下記の必要連続延長以上の連続設置により、衝突時の安定を確保します。

・曲線施工において50R(基礎中心)まで対応可能です。

・縦断勾配に対して特に制限はありませんが防護柵はベースプレート式の為、基礎に対して垂直に設置することとなります。

・縦断勾配の変化点に対して、±2%を超える場合に連結が出来なくなる為、設置限界を±2%としています。

※1 支柱取付位置がベースプレート式により固定されますので、R設置する場合にはビームに加工が必要となる場合があります。

※2 基礎の連結時(連続設置時)にズレが生じますと、ビームが取りつかなくなる場合がございますので、設置時には寸法管理を十分に行ってください。

設置参考歩掛

参考断面図

 

 

自在R連続基礎ブロック

名称 自在R連続基礎ブロック
NETIS登録番号
問題解決力 地下埋設物により土中建込が出来ない 安全な置き式基礎の設置 共通編
導入事例 ガードレール 自在R連続基礎 導入事例へ
CADデータDL
チラシPDF

概要

自在R連続基礎は「車両用防護柵」に使用する、コンクリート製の連続基礎です。従来、土中で設置する車両用防護柵ですが、埋設物などにより地中に直接支柱を埋め込むことが出来ない場合など、防護柵の設置が困難であった箇所への適用を可能とする製品です。 製品同士は上下の凹凸を組み合わせ、ボルトにて締結して連続基礎として構築します。 この構造により、基礎の接続角度は自在となり、高い曲線(R)対応能力を有します。 自在R2

自在R連続基礎の特長

・曲線(R)に自在に対応可能

・置き式使用、埋設仕様が可能で、現場対応能力が高い

・現場でのコンクリート打設や熟練工に依存する工程が無く、工期短縮を実現

・安全を考慮した防護柵の設置を実現

適用範囲

・防護柵種別と設置延長により、断面形状の異なるS型・A型・B型よりお選びいただけます。

※路肩への適用につきましてはRS基礎をご検討下さい。

自在R表 ・道路縦断勾配は10%以下まで対応可能です。

・道路縦断勾配の変化において2%以下の変化であれば連結可能です。

・特に効果の高い適用範囲  交通量が多い道路の工事、または緊急工事の場合、仮設防護柵の設置に有する工期が 短縮出来る為、交通規制の期間を大幅に短縮することが可能です。

設置参考歩掛

名称 規格 数量 単位
S型・A型 B型
土木一般世話役   0.21 0.14
特殊作業員   0.21 0.14
普通作業員   0.42 0.28
自在R連続基礎ブロック   5.00 5.00
トラッククレーン賃料 油圧式 4.9t吊 0.21 0.14
諸雑費   4 4
       

※10m当り(自社歩掛)

※歩掛は埋設時、置き式時、置き式時の撤去 それぞれ共通です。

※歩掛は、運搬距離30m程度までの小運搬を含む据え付け作業であり、床堀、埋戻は含まない。

※据付機械はトラッククレーンの賃料を基本とする。

※上表には、連結作業および置き式の場合の転用時の基礎補修を含む。

※諸雑費は、施工器具の損料、埋設の場合の敷モルタルの材料費及び機械損料であり、労務費、トラッククレーン賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。

RS基礎

名称 路肩用自在R連続基礎
NETIS登録番号
問題解決力 路肩編 詳細へ
導入事例 RS基礎 導入事例へ
CADデータDL
チラシPDF

概要

RS基礎は、路肩部に「車両用防護柵」を設置する際に使用する、コンクリート製の連続基礎です。「自在R連続基礎」同様、擁壁直上や地下埋設物などにより土中式建込が困難な箇所への防護柵設置に対応します。

RS4 製品同士は上下の凹凸を組み合わせ、ボルトにて締結して連続基礎として構築します。 路肩部に使用する底版付きの基礎であるため、施工方向は必ず道路中心から見て左からとなります。 RS5

RS基礎の特長

・路肩部における防護柵設置工事に使用

・曲線(R)に自在に対応し、底版の斜切り不要で外Rは最小10Rまで対応可能

・現場でのコンクリート打設や熟練工に依存する工程が無く、工期短縮を実現

・安全を考慮した防護柵の設置を実現

安定計算

RS1 擁壁工指針及び、車両用防護柵標準仕様・同解説の連続基礎の設計を引用し、安定計算をしています。 ただし、下部条件(補強土壁等)の場合は、別途検討が必要となります。

種別 衝突荷重(kN) 連続延長
B種 C種 30 10 m
A種 50 16 m

適用範囲

○適用可能条件 ・ガードレール種別がA種、B種、C種の場合 ・裏込土 単位体積重量 19kN/3 内部摩擦角 30° ・基礎地盤摩擦係数 μ=0.6(砂質土程度) ※上記以外の場合には適用可能か別途検討が必要となります。 ○適用可能箇所 RS2 ・道路縦断勾配は10%以下まで対応可能です。

・道路縦断勾配の変化において2%以下の変化であれば連結可能です。

・特に効果の高い適用範囲  路肩部における防護柵設置工事で、曲線施工となる場合、各種擁壁において、直上に防護柵を設置する場合。

設置参考歩掛

名称 規格 数量 単位
土木一般世話役   0.22
特殊作業員   0.22
普通作業員   0.67
RS基礎   5.00
トラッククレーン賃料 油圧式 4.9t吊 0.22
諸雑費   16
     

※10m当り

※国土交通省土木工事積算基準 3章 共通工 ④擁壁工 3.プレキャスト擁壁工より引用

※歩掛は、運搬距離10m程度までの小運搬を含む据え付け作業であり、床堀、埋戻、残土処分は含まない。

※本歩掛には、基礎の連結作業、連結部の土留めプレート設置作業を含む。

※雑工種(基礎砕石、均しコンクリート)は、使用目的により形状及び数量が変動する為、別計上とする。

※諸雑費は、敷モルタルの材料費であり、労務費、トラッククレーン賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。

RB連続基礎

名称 リバーシブルブロックガードレール連続基礎
NETIS登録番号
導入事例 ガードレール RB連続基礎 導入事例へ
CADデータDL
チラシPDF

概要

路肩部への車両用防護柵の基礎として

foundation_photo02_01 foundation_photo02_02

国土交通省 中部地方整備局 共同開発商品

PCベース

名称 PCベース
CADデータDL
チラシPDF

工期短縮を目的としたプレキャストコンクリート板です。従来現場打ちにて構築していた均しコンクリートの代わりに使用することで、コンクリート打設、養生期間が不要となり、工期短縮が可能です。

 

foundation_photo05_01